Pianist 田村真穂 Official Website!!

ピアニスト田村真穂の公式ブログ。
好評を頂いておりました「mahopooパリ通信」の続編となります。日々邁進する私の記録、コンサート情報などを掲載します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | author : スポンサードリンク
第4回こどものための音楽会

JUGEMテーマ:クラシック音楽

 

第4回こどものための音楽会が終わりました。

 

大好評につき、年々お客さんが増え、今回は2回公演で両日とも大盛況。

 

第1部は、私のソロで、クラシックピアノ名曲アルバム。

 

小さなこどもたちが、喜んで聞いてくれるように工夫したプログラム。

こどもの集中力を考え、短い曲ばかりを、できるだけわかりやすい明るいおしゃべりで繋いでいます。

決して媚びるのではなく、もちろん最上級の、とびきり素敵な演奏をしなくてはなりません。

 

心の柔らかなこどもたちが、目を輝かせ、耳を澄ませ、わくわくドキドキしながら一生懸命に聞いてくれる喜びに感謝しながら。

 

舞台中央ピアノの両サイド、観ても美しい桐の反響板は、館長さんの手作りです。進化して、さらに良い響きになりました。

 

 

 Photo by H.Taki

 

 

第2部は、音楽劇「白雪姫」。

 

私のピアノと四国学院の演劇科の学生さんたちによる音楽劇です。

 

演出の西村さんと振り付けの阪本さん、才能溢れるお二人と、今年はどんな演目でいこう? からスタートしました。

 

お妃様が嫉妬に狂って踊るシーンは、激しいプロコフィエフを弾きましょう。など、音と芝居が呼応するように作ります。暗い森を歩くシーンは、不安で美しいバルトーク。最後のワルツは、明るくおしゃれなシュトラウス。できるだけ本格的なものを聞かせたい。でも、小さな子供たちが「白雪姫を観に来たのに「ハイホー」がなかったね。」って、がっかりしたらいけないから「ハイホー」は入れましょうか。

こうして作っていく作業は、とても楽しかったです。

 

インタラクティブで、ユーモアと愛がいっぱいの演出と、鋭く繊細な感覚によってつけられた素晴らしい振り付け。俳優たちは、瑞々しく伸びやか。ハイレベルな舞台に引き込まれ、魅せられます。

 

七人の小人のテーブルや椅子は、節のある桜の木でできていて、なんとも愛らしく自然で、まるで舞台から生えているみたい。可愛らしく味わい深い小道具は、何と、ここでも館長さんの手作りです。

 

Photo by H.Taki

 

 

 

「丸亀はいいね。毎年こんな音楽会があって。」

「いいでしょ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16:19 | 日々のこと | - | - | author : ピアニスト 田村真穂
スポンサーサイト
16:19 | - | - | - | author : スポンサードリンク
<< NEW | TOP | OLD >>