Pianist 田村真穂 Official Website!!

ピアニスト田村真穂の公式ブログ。
好評を頂いておりました「mahopooパリ通信」の続編となります。日々邁進する私の記録、コンサート情報などを掲載します。
Mozartピアノ協奏曲第23番

12月24日、坂出市民ホールで開催されました「クリスマスコンサートin坂出」で、瀬戸フィルハーモニー交響楽団と、Mozartのピアノ協奏曲第23番 K.488を共演させて頂きました。

 

約800席の坂出市民ホールは満席。ずいぶん前からチケットがなくなっていたようで、たくさんの方から、聞きに行きたかったのに残念だったとの声を頂きました。すみません。

 

 

これまで、たくさんのオーケストラといろいろなコンチェルトをしてきましたが、Mozartの23番は、遥か昔に東京芸術大学オーケストラと共演して以来、2回目でした。…懐かしい。

 

天衣無縫、純粋で美しく、華やかでいて繊細、素晴らしいこの作品に再び出会え、真摯に向き合え、本当に幸せな時間を過ごさせて頂きました。

 

しかし、天才モーツァルトの傑作は、暗譜の恐ろしいこと この上なし。

 

一音一音が珠玉のようで、一音たりとも無意識な音があっては許されないこの曲も、第3楽章は特にロンド形式で、主題の間に魅力的な副題が次々と現れ、実に複雑な構成になっていて、なかなか憶えられず、憶えてもハッとわからなくなったりして、「あぁ、私はなんて頭が悪いんだろう。」と落ち込みながら、勉強していました。

 

と、そんな時、かのアルトゥール•シュナーベルのライブ録音を聞いていたのですが、なんと!!第3楽章の途中でピタッと止まってしまったではありませんか。

 

えっ?!!!!

 

暗譜がわからなくなったんです。ここ、昨日私もわからなくなった…。

 

ぞーーーーーーーっと背筋が凍るような思いでしたが、同時に「シュナーベルもわからなくなるんだからね♪」と、楽になってはいけないのに、気が楽になったりしながら本番当日を迎えました。

 

 

 

 

 

 

高校生の時の発表会は、ずっとここでした。

何も変わっていないホール。タイムスリップしたみたい。

16歳、セーラ服で緊張してこの舞台袖に立っていた。ショパンのソナタの第3番を弾いたんだった。先生。。

 

胸が痛くなるような懐かしいホールで、素晴らしい瀬戸フィルハーモニーの皆さんと得難い時間を共有させて頂きました。

 

 

私を育ててくれたこの土地や、先生、クラスメイト、オーケストラの皆さんに守られ、観客の皆さんに守られ、そして、家族に守られ、モーツァルトと対話することができました。

 

私の音楽ができました。

 

 

心から感謝致します。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17:01 | コンサート情報 | - | - | author : ピアニスト 田村真穂
スポンサーサイト
17:01 | - | - | - | author : スポンサードリンク
<< NEW | TOP | OLD >>