Pianist 田村真穂 Official Website!!

ピアニスト田村真穂の公式ブログ。
好評を頂いておりました「mahopooパリ通信」の続編となります。日々邁進する私の記録、コンサート情報などを掲載します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | author : スポンサードリンク
「第2回 ぴあのと うたと おぺれった」
「第2回ぴあのとうたとおぺれった」
また、大切に準備してきたコンサートが、ひとつ、終わってしまいました。
2013年6月に「第1回ぴあのtoうたtoおぺれった」の記事をアップして一年半が経つことになります。(第1回 ぴあのtoうたtoおぺれった ←記事はここからとべます。)大好評につき実現した第2回目、今回も必死に準備し、皆の力で世界一あったかいコンサートになりました。
館長さん手作りの反響板によって生まれ変わったホールで、大好きな「こんぴらコーラスグループ」の皆さんとご一緒に「0歳から入れる本格的なコンサート」。←(前回は確か「1歳から入れるコンサート」だったはず。ますます「ありそうでなかったコンサート」。)

第1部は私のソロ。おしゃべりと、珠玉の名曲アルバム。 
写真右上、椅子に輪っかを取り付けてマイクを差し込めるように、こちらも館長さんが作ってくださいました。マイクホルダー!すごいアイデアです!  

第2部に歌、第3部はオペレッタの3部構成で、オペレッタの演目は「魔法使いの弟子」の和製バージョン「桶山伏」。
今回は、私が日頃、生涯学習センターで行っている「ピアニストとリトミック」のセミナーの一環で、この「桶山伏」に出演する「桶の精」役の子供たちを一斉募集。
選ばれた8人の子供さんたちが「こんぴらコーラスグループ」の皆さんに混ぜて頂き、舞台を一緒に作り、本番の公演に参加できるという夢の企画です。

つまり、私は子供たちの指導、演出を兼ねることになります。ナレーションなどの解説も担当。
お話しを頂いたとき、私に勤まるだろうかと思いました。毎日の自分のスケジュール、当日のソロのプログラムなど、いろいろ考え合わせて、「無理」という判断が己に下ったとき、「できないと思うことをやってみることが大切だ」と思いました。

どうしたら子供たちが光るか、苦心惨憺の演出による本格的な稽古がひと月ほど前から開始されました。
コーラスの皆さんにご迷惑をおかけしてはならないし、皆、ちゃんとできるかな…などという心配をよそに、毎回、各自きちんとセリフや動き、歌も憶えてやってきます。
高い志を持った小さな女優と俳優たちは、稽古は一日も休まず、入り時間は早め。
夜の稽古なのに「おはようございまーす!」と元気に現れ(←業界)、
舞台に乗るからと、ネイルアートを施してきたり、(私、一回もしたことない)
「かみて」や「しもて」、「いたつき」、「あかりあわせ」など、舞台用語も使い分け、「こどうぐ」の桶は、館長さんの手作り。小さな手にもそっと納まるあたたかく軽い木の桶を、上手にぐるぐる回して、コーラスの衣装部さんに作っていただいた豪華な衣装に身を包み、皆かわいらしく、イキイキとしています。
コーラスの皆さんに、考えられないほどあたたかく迎えて頂いて、幸せな小さい8人の出演者たちは、厳しい中にものびのびと、楽しく最高の舞台経験をさせて頂いたのでした。

本番は、もちろん大成功!誰ひとりとして失敗をしなかったどころか、どの子も見事に演じ切り、拍手喝采。堂々とカーテンコールに応え、スポットライトを浴びたその顔は、誇らしげで明るく輝いていました。


私は、emotionalに、人生意気に感ず。「人生感意気 功名誰復論」。( 魏徴『述懐』)

ご協力くださいましたすべての皆様に、心からありがとうございました。


Photo by Hiromichi・Taki
























 
12:04 | コンサート情報 | - | - | author : ピアニスト 田村真穂
スポンサーサイト
12:04 | - | - | - | author : スポンサードリンク
<< NEW | TOP | OLD >>